銀行からのキャッシングで返済するにはキャバクラ嬢になるしかなかった

女性20代後半
営業2年、事務6年
25歳のOL時代に、カードローン利用をはじめて利用しました。

酒気帯び運転の事故が借りる原因に

同棲していた恋人が自動車の事故で入院してしまい、急遽お金が必要になり借りました。
弁護士に相談する費用が予想外の金額が必要になり、50万円を初めてキャッシングしました。
50万円の内訳は、入院費20万円、弁護士費用30万円です。

借りる会社

銀行から借り入れをしました。

約定日以外にも返済する

毎月の約定日に決められた金額を返済すると共に、給料日などでお金の入った際に約定日以外にも、可能な限りまとめて返済していました。
OLの仕事の傍ら、キャバクラでアルバイトをしながらその資金を返済資金に充てました。
OLの仕事は、9:00~18:00なので、その後20:00~夜中の1:00までキャバクラで働きました。
週末は入院している彼のお見舞いに行っていたので、返済のためにかなりハードな毎日を送っていました。

短期での返済

4ヶ月で返済することができました。

引き落としでの返済

銀行のキャッシングだったので、月に一度の約定日に決められた金額が引き落とされていたので、期日返済に間に合うことができました。

蓄えが必要

銀行のキャッシングなので、取立てが厳しいこともないため特に精神的に追い詰められることもなく、返済に努める事ができました。
悪かったことは、特にありませんが、多少なりとも金利がかかるので余裕を持って蓄えておく必要があると身にしみました。

▲ページトップに戻る