少額のカードローンの借金返済は楽だがお金を借りるクセが抜けない?!

女性30代
外資系会社員10年
外資系銀行の管理部門で働く30代独身女性で、年収は約360万円です。
当時は実家で両親と弟とで暮らしていました。

学費のための借り入れ

弟の学費の支払いが足りなくて、30万円借り入れました。
理由は母が入院し、学費に充てられるお金が極端に少なくなってしまい退学すべきかどうかまで迫られている状況だったためです。

銀行からの借り入れ

三井住友銀行カードローンをフリープランで借りました。

返済の仕方

毎月5万円を25日に三井住友銀行の口座から引落しする形で返済していました。
口座引落しとカードローン専用の口座に入金する方法がありましたが、給与が入る口座から直接引落しする方法であれば忘れる心配はないと思い選択しました。

短期間で返済

利息を含む毎月5万を6ヶ月と残りの端数で支払っていたので、全額返済までに7ヶ月かかりました。

無理のない返済

毎月の給料から払える範囲内だったので無理なく返済できました。

きちんと返済する

返済期日に遅れたことがないため、銀行からの対応は何もありませんでした。

返済金の調達

毎月のお給料と弟からのバイト代月1万円を返済に充てていました。

解約をしないで継続しました

ちょうど貯金もなく借りるしか方法がなかったので、利息年率10%で借りれたのは良かったです。
最初の契約金額に応じて利息年率が変わるため、小額でも10%でした。
毎月の支払い額も小額で済んだので、お給料の範囲内から支払うことができましたし、審査にかかる日数がとても短く、当時は急な出費だったので大変助かりました。
唯一の問題点として、契約を解約しなかったたために、小額をたまに借りる癖ができてしまったことです。
返済できる範囲内で使用しているので問題はないのですが、今後も必要かどうか迷うところです。
ただ、一度解約し再契約となると、審査に通る体裁があるかどうかわからないため、もしものためにこのまま契約した方が無難なようにも感じます。

▲ページトップに戻る